スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   

蔵書の紹介でも。

2010-05-31 (Mon) 10:27[ 編集 ]
って言ってもそんなに大量に読みあさってるわけでもなくて

最近じゃ逆にあんま読んでなかったりもします

本ばっか読んでたのは3年前くらいまでかなぁ?

月に1冊は必ずハードカバーの本買ってきて読んでました

というかその頃喫茶店巡るのが好きでねw

本1冊片手にブラブラするのが多かったんですよねー

んで久々に本でも読みたいなと思って

ついでだからレビュー?でもしてみよっかなってね!
 





■キスまでの距離/村山 由佳■
100531-01.jpg

◯あらすじ◯

高校3年生になる春、父の転勤のため、いとこ姉弟と同居するはめになった勝利。そんな彼を驚かせたのは、久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、その哀しい想いに気づいてしまう。守ってあげたい!いつしかひとりの女性としてかれんを意識しはじめる勝利。ピュアで真摯な恋の行方は。


おいしいコーヒーの淹れ方シリーズ第1弾

ボクが村山由佳先生の本を読み漁るきっかけ になった本です!

この人の作品はとにかく描写が繊細で綺麗

文字だけなのに風景がカラーに香りと音までついて想像できるかんじ?

他にこの先生の本は紹介したいのいっぱいあるんだけど

まぁまずはこの1冊だね

ちょっぴり危険でちょっぴり甘酸っぱい

でも誰しもが感じたことのある懐かしい優しさを

思い出させてくれる、そんなお話です。




■ぎぶそん/伊藤たかみ■
100531-02.jpg

◯あらすじ◯
中2のガク、かける、マロ、リリィは、バカやったり喧嘩したり恋をしたり。そんな4人が、ガクの熱意に押されてバンド練習を始めて…。14歳、それぞれの音がはじけて響く! 胸が痛くなるほど鮮やかでフレッシュな物語。


とにかく青春ってこれだよな!って感じです

大好きな仲間と大好きなことに打ち込む

トキにはくだらないことでぶつかり合って

今考えると未熟であるが故の失敗なのかもしれないけど

未熟だからこそ、そんなくだらないことにでも熱くなれた

そんな時代を思い出して胸の奥の方が熱くなっちゃいましたw

きっと今からでも遅くない

大切な仲間と今しか出来ないことを楽しみたい

そんな気分にさせられる作品です。




■温室デイズ/瀬尾 まいこ■
100531-03.jpg

◯あらすじ◯

今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。私には一体何が出来るのだろうか……。心に染みる極上青春小説。

今教育者として生きている人に

是非1度目を通していただきたい1冊です!

学校で起こりうるさまざまな問題を学生の視点から見ることのできる作品

きっとオトナは気づいていない 子供だから気づけるいろんなコト…

頭ごなしに子供を否定することしか出来ない

もとい出来なくなってしまったオトナ達に気づいて欲しい

子供の頃の不安や葛藤に。




■カフーを待ちわびて/原田 マハ■
100531-04.jpg

◯あらすじ◯

「嫁に来ないか。」きっかけは絵馬に書いた願い事だった。沖縄の小さな島に住む明青のもとに神様が花嫁をつれてきた。やさしくて、あたたかくて、ちょっぴりせつない恋の話。第1回『日本ラブストーリー大賞』大賞受賞作。


これは今度映画になる?なったんだっけ?

だから知ってる人もいると思うんだよね

『日本ラブストーリー大賞』ってのが気になって手にしました

自分はこんなにも純粋に1人の人を好きになったことってあったかなと

味わったことの無い感覚を味わうことができました

やっぱり運命って偶然の積み重ねなんかじゃないって

改めて実感した1冊です。




■少女七竃と七人の可愛そうな大人/桜庭 一樹■
100531-05.jpg

◯あらすじ◯

わたし、川村七竃十七歳はたいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった。―男たちなど滅びてしまえ。吹け、滅びの風。半身を奪われるような別れ、あきらめていた人への想い、痛みをやさしさが包み込む。「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の気鋭、桜庭一樹が描き出す、最高の恋愛小説。

今までにも悲しい結末の話はいくつも読んだけど

ここまで後を引く悲しさは初めてでした

文面のレトロさにも新鮮さを感じたけど

結果が途中でだんだん読み取れてくるのに

終盤に近づくにつれてこみ上げる悲しさ

美しい少女七竈を取り巻く環境

美しくどこまでも悲しく切ない物語です。





はーいというわけで!

数冊紹介してみましたが

まぁコレ見たらだいたいパラレさんの趣味が解るかと思います

えぇ、ミステリーとかそゆのは苦手です

いや怖いとかじゃなくて頭痛いんだよねあれ

あんま頭使う話しは無理ですの

あとわたくし病的に感情移入しちゃいます

うっかり読み入っててそこが喫茶店っての忘れて

本読みながらボロボロ泣いたこともありますw

いちお偉そうにレビュー付けましたけど

本って読み手で理解の仕方なんてコロっと変わるので

もし興味持って読んでみようと思ったら

まっさらな気分で読んでみてくださいね?
スポンサーサイト
   

コメント

ぐっちょんぐっちょんなラブロマンス
とかより
高校生の甘酸っぱいのがお好みですか。
ひゃひゃひゃ☆
くおんです。
くおん本よんでないなぁ。
業務図書ばかりだ><。
と現代っ子っぽい活字離れ。
どれか読んでみるよ。

>くおんまる

なんつうかこう『帰ってこい青春!』みたいな?
こーいーの読みながら『あぁ…あの頃はよかったなぁ』とか
あーいかんなwオッサンじゃねぇかww

永遠のゼロが好きです!!
只今映画公開中のボックス!!も好きです!!
シアター!!もおもしろいよ!!

>ゴリ

おおおおおおお!レアキャラ!
生きてたんだね!元気?
たまには顔だせよなー!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tamagojyanaiyo.blog74.fc2.com/tb.php/222-943c7099

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。